平成28年度 実務者研修の様子

平成28年 10月~平成29年 4月まで開講の実務者研修です。

歩行の補助の様子

実務者研修の様子

ベッドから起き上がるまでの様子

ベッドから起き上がるまでの様子

こちらの研修は学費全額法人カバー。働きながら学べる 自分自身の資格になります。また平成28年度の介護福祉士国家試験受験には3年の経験と、この実務者研修が必須条件になりました。個人のキャリアアップを目的に実質勤務内で研修ができるのは嬉しいです。6ヶ月で 無事修了なれば自信の 資格 になる研修です。

昨年4月から開講して今回のクールは 2クール目 の研修受講者です。キャリア年数 年齢に関わらず受講できます。応募者は多数ありますが、受講者の人員上今回は15名の参加。家庭を持たれている短時間のパート勤務で活躍される職員や正社員。法人の事業所それぞれより参加です。寒い日が続き、インフルエンザ・ノロウィルスにも負けず、にぎやかに、真剣に学ぶ姿勢がここにはあります。研修会場は普段はデイサービスのフロアですが、毎回受講生の熱気で活気溢れる講義室に大変身。

おおむね最初の3ヶ月はレポート提出のみ。専任講師による的確な添削。テスト感覚で科目ごとのレポートがあります。(赤点あれば再レポートです)のち大体3ヶ月で週1日に実習として<介護課程>と<医療的ケア>トータル10日程の研修があります。欠席や理解度によっては補講あり。講師が普段いる梅田までいかないといけないので大変です。回ごとにそれぞれ外部の講師がレクチャー。今回の写真は<介護課程>の実習風景です。

 続 実務者研修 です。

介護過程 研修の最終体制の様子

介護過程 研修の最終体制の様子

このあと、<介護課程>研修の最終体制。 実技テスト が控えています。

一人一人別室に入ってのテスト。失敗すれば補講。テストの内容は別室に入るまで場面の設定や内容については誰も聞かされません。

今までの総復習を各自がしています。

声かけ・姿勢・安全・目線・・・・気を付けないところがたくさんあることを改めて研修を通じ実感。自信のスキルアップを目指して無事実技テストの結果がでますように。

いよいよ<介護課程>のテスト目前。

くじを引いている様子

くじを引いている様子

くじを引いている様子

くじを引いている様子

くじを引いている様子

写真はテストに入る順番をクジで引いています。

前回のクールの先生はクジ引きはなかったのですが。。。

先生の表情が少し楽しんでいる様にも見えます。

無事クリアすれば次のステップ<医療的ケア>に移れます。

実務者研修<医療的ケア>

実務者研修 医療的ケアの指導を受けている様子

器具の取り扱い、器具の名前をチェックしている様子

器具の取り扱い、器具の名前をチェックしている様子

器具の取り扱い、器具の名前をチェックしている様子

<介護課程>のテストも無事15名全員クリア。

いよいよ、今回からは医療的ケアへ。

まずは器具の取り扱い、器具の名前、をチェック。普段も意識していますが器具取り扱いには[清潔][不潔]を最も注意します。研修講師は研修スクール専任のベテラン看護師。講義に緊張が走ります。

<医療的ケア>続編です。

呼吸器を使ったトレーニングの様子

呼吸器を使ったトレーニングの様子

呼吸器を使ったトレーニングの様子

呼吸器を使ったトレーニングの様子

呼吸器を使ったトレーニングの様子

呼吸器を使ったトレーニングの様子

アドバイスをしあっている様子

実際に吸引器を使ってのトレーニング。

吸引カテーテルの持ち方、角度に気がとられます。

声をかけながら一つ一つの動作をシュミレーションします。

講義の合間にある休憩の様子。各自で難しい所やアドバイスをしあっているのが伝わるでしょうか。

<医療的ケア>最終にある修了課題に備えます。

次週も研修は続きます。

4月の修了式まで15名がチャレンジ中です。